コインチェックの登録方法

12.13

スポンサーリンク

仮想通貨、どこで取引すればいいの?

 

最近ニュースにもよくなる仮想通貨、インターネットでの送金が簡単にできるなど、便利な点がいくつかあります。

気になる仮想通貨の取引を、どこでどのように取引をしていいのか迷いどころですよね。

 

使いやすく、簡単に登録可能。日本で最大級のビットコインの取引ができる「コインチェック」

 

 

これから先、ビットコインなどの仮想通貨が世界で統一して使えるようになる可能性があるなど、日常にも様々なシーンで活躍する場面が多くなるかもしれません。

投資目的で注目されている、仮想通貨の投資メンバーシップクラブ「タイタントレードクラブ」での投資取引に関しても、ビットコインが必要です。

「どこで取引をすればいい?」と迷っている方には、断然「コインチェック」がおすすめです。

その理由としては、コインチェックで取り扱う通貨が軒並み値上がりしているなど、世界的に有名な仮想通貨の多くが取引可能な点です。

最近ではメディアにも多数掲載されていてCMも流れているので安心感もあります。

 

 

コインチェックの登録は簡単

「コインチェック」への登録はメールアドレスもしくは、フェイスブックで簡単に完了。

50,000円以上の取引をするには、免許証などの身分証明書確認が必須ですが「すぐに始めてみたい」という方は、今すぐにアクセスして!

 

登録はこちらからです。

https://coincheck.com/?c=Z_-ztJIQeDk

 

それでは実際に、登録方法をご紹介いたします。

Facebookの登録はわずか10秒でできるので、一番簡単な方法です。

「Facebookで10秒で登録」の青いボタンを押し、許可するだけでコインチェックに簡単に登録、ログインができます。

(アカウント登録は1人1つまでです)

 

もちろん、Facebookではなくメールアドレスでも登録可能です。メールアドレスの登録は、取引に使用するメールアドレスとパスワードを入力し、「登録する」ボタンを押してください。

(パスワードは忘れないように、控えをとっておきましょう)

 

メールアドレス確認画面、「お客様のメールアドレスのご確認のため、確認メールを送信しました」という画面になりますので、送られてきたメールに記載されているURLをクリックし、認証を完了させて下さい。

届いたメールのリンク先から、再度コインチェックのサイトへ。こちらでメールアドレスの登録が完了になります。どちらも手続きは、あっという間です。

 

次に電話番号の認証があります。

画面の左上にある「ウォレット」をクリックします。次に「設定」のボタンをクリック。

右上の「電話番号認証」ボタンを押してください。

電話番号での認証登録はSMSを利用して行います。

フォームに電話番号を入力後、「SMSを送信する」ボタンを押すと、電話番号宛にテキストメッセージが送られてくるので、表示された6桁の番号を送信された認証コードを入力し、「認証する」ボタンを押してください。

スポンサーリンク

(海外の電話番号を利用中の方は、国コードを先頭にしての入力が必要です。)

電話番号認証は以上です。電話番号認証までを入れても、わずか数分できますので、まずはこちらにて、登録してみてください。

 

https://coincheck.com/?c=Z_-ztJIQeDk

 

続いて、今後取引を拡大していきたい方は先に登録しておいた方がいいと思われる本人確認へ。

先ほどの「ウォレット」「設定」から、「本人確認」のボタンを押してください。

個人か法人を選択、居住地、氏名、カナ氏名、性別、生年月日、自宅住所(身分証明書と一致する場所を記入)

 

身分証明書をサイトにアップロードします。

個人の方は、旅券(パスポート)在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、運転免許証等(裏面に住所記載の場合は、裏面も提出)、官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの(写真付き住基カード等)のいずれか1点の証明書を使用してください。

 

続いて、「本人確認資料1」にて、顔写真付きの提出書類(免許証等)と、一緒に本人が写っている写真をアップロードする必要があります。

「ファイルを選択する」のボタンを押し、PCやスマホにあらかじめ入っている写真を選択してアップロード。「カメラを起動」のボタンを押すと、そのままカメラが起動するため、身分証明書を持って撮影してください。

「本人確認書類2」では顔写真が写っている面、「本人確認書類3」で裏面住所記載が写っている欄をアップロードすること。

免許証や、外国人登録証明書を提出の場合は、裏面も提出する必要があり、パスポートの場合は、住所記載の欄を提出する必要があります。

 

最後に「本人確認書類を提出する」ボタンを押して、手続きはすべて完了です。

 

今後の取引をふまえ、先に登録しておいた方が色々な場面で便利です。

というのも、1日に50,000円を超える日本円の入金や30,000円を超える日本円の出金には、どちらにせよ本人確認が必須事項となるので、早めに済ませておくことをおすすめします。

 

これから急速に普及していくことが予測される仮想通貨。

ビットコインなどの仮想通貨取引に興味あるけれど、どこで取引していいかわからないという方は、コインチェックに登録して、取引を始めてみませんか?

 

登録はこちらから!

https://coincheck.com/?c=Z_-ztJIQeDk

 

クベラ新規会員登録希望の方

↓↓↓↓こちらから会員登録おねがいします。

(こちらは私の紹介リンクですので、リーダーさんはご自身のものをお伝えください)

https://tsunooka.mykuvera.biz/ja/

トップリーダーの西村&姉妹チームで活動したい人は

LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40vla0485m

LINE友達検索→@vla0485m

こちらからクベラ入会希望とご連絡ください

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る